経済・企業俺の転職 わたしの副業

バブル入社組が直面する不都合な真実=永井隆

    求人情報を探す男性
    求人情報を探す男性

     バブル入社組とは、1987年から92年に大企業に大量に入社した人たちを指す。つまり、就職戦線が学生にとり超売り手市場で、簡単に大手に就職してしまった人たちである。64年から70年の生まれで現在54歳から48歳だ(大学院まで修了、あるいは浪人した場合、1歳から2歳高い)。

     とりわけ、90年から92年入社組は、「会社訪問して名前を書いたら、すぐに内定を得た」ばかりか、「翌日から東京ディズニーランド(TDL)で拘束され、毎日ビッグサンダーマウンテンに乗っていた。TDLには別の会社で内定を得た大学の同級生がゴロゴロいた」(食品メーカー社員)という恵まれた世代。あるビール会社の社員などは「内定後、全員が八丈島に缶詰めにされた」そうだ。

     そんなバブル入社組も、サラリーマン人生の後半戦を迎えている。社内の出世競争の流れは、ほぼ決定した状況だろう。要職に就いている人もいれば、そうでない人もいる。会社のポストの数は初めから決まっているので、社内で人数の多い年代は“あふれ”が出る構造だ。

    残り1846文字(全文2287文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事