マーケット・金融THE MARKET

中国株 政策期待で反転も=斎藤尚登

    米中摩擦をめぐり、米国がほぼ全ての対中輸入品目に追加関税をかける事態は回避されたが、上海市場は反応薄。中国は追加関税の全面撤回を求めるも、米国はハイテク関連の500億ドル(約5・3兆円)分を撤回するつもりはないようだ。米中摩擦の激化は世界経済の減速懸念を高めているが、米国株はここへきて史上最高値を更新。景気も堅調であり、米国に協議合意を急いだり…

    残り261文字(全文435文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月7日号

    コロナで急変 世界経済入門22 400兆円の「株」待機資金 “倍返し”でバブル再燃も ■村田 晋一郎/吉脇 丈志25 何が起きるか 1 原油大暴落の先 原油安は続かない 年末70ドル反発も ■柴田 明夫26  2 株式市場大混乱 “コロナ”なしでも調整した 業績予想と期待のブレ ■居林 通28  3 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット