週刊エコノミスト Online言言語語

新聞から言葉をえぐる(7月6~11日)

     放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は、日本テレビのバラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」で「やらせ疑惑」が報じられた「祭り企画」2件について「程度は重いとは言えないものの、放送倫理違反があった」との意見書を公表した。記者会見で升味佐江子委員長代行が。

     レスリング女子で五輪5連覇を目指す伊調馨(35)=写真、ALSOK=が、世界選手権(9月、カザフスタン)57キロ級代表を懸けたプレーオフで川井梨紗子(24)=ジャパンビバレッジ=に敗れ、代表入りを逃して。伊調の東京五輪出場は厳しくなった。

     男子ゴルフの日本プロ選手権で、石川遼が通算13アンダーで並んだ黄重坤(韓国)とのプレーオフを制し、3年ぶりのツアー勝利で国内3大大会初制覇を果たして。

     イランが核合意に定められた濃縮度上限を超えるウラン濃縮を開始したと発表したことを受け、トランプ米大統領が記者団に。

     英国のダロック駐米大使が英首相官邸への報告の中で、トランプ米政権について。英紙『メール・オン・サンデー』が報じた。トランプ氏は猛反発し、ダロック氏はその後辞任した。

     自民党が参院選で、安倍晋三首相(党総裁)の遊説予定をホームページ上で公表しない「ステルス作戦」を取っていることについて、共産党の小池晃書記局長が。

     ギリシャ議会の総選挙で、中道右派の野党・新民主主義党がチプラス首相率いる与党・急進左派連合に勝利し、約4年半ぶりの政権交代を実現した。ミツォタキス党首(51)が勝利演説で。

     政府は、ハンセン病元患者家族への差別に…

    残り1089文字(全文1745文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月14日号

    コロナが迫る 非接触ビジネス第1部16 「脱3密」に勝機あり リアル×ネットで株価急騰 ■白鳥達哉/種市房子19 インタビュー 鈴木康弘 日本オムニチャネル協会会長、デジタルシフトウェーブ社長 「ネット起点に、実店舗を運営」20  諸富徹 京都大学大学院 経済学研究科教授 「脱炭素社会への契機にも」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット