経済・企業乗り遅れ厳禁!移動革命

小田急が「MaaSジャパン」 “結節点”で沿線の利便性向上=加藤結花

    (出所)編集部作成
    (出所)編集部作成

     MaaSプラットフォームを巡るさまざまな動きが相次ぐ中で、小田急電鉄は経路検索システム「駅すぱあと」を提供するヴァル研究所と共同で、MaaSアプリ向けに必要なデータ基盤「MaaS Japan」(MaaSジャパン)の開発を進めている。どんな交通事業者でも使えるようなデータ基盤の構築を目指し、鉄道のほかタクシーやカーシェアといったさまざまな事業者が連携を表明しているのが特徴だ。

     小田急電鉄が今年4月に発表したMaaSジャパンのプロジェクト。鉄道やバス、タクシーなどの交通データを収集したうえで、アプリでフリーパス、割引優待などの電子チケットを提供するためのデータ基盤を構築する狙いだ。小田急電鉄自体もデータ基盤を活用したMaaSアプリを開発するが、データ基盤は他の交通事業者や地方自治体にも提供し、他の事業者が開発するアプリでも利用可能とする。

    残り851文字(全文1224文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事