経済・企業乗り遅れ厳禁!移動革命

分野別MaaSで勝つ企業 クラウド・データ分析 日本ユニシスのサービス期待=松岡佑

    日本ユニシスのサービス期待 専門家多数のブレインパッド

     MaaSプラットフォームは「クラウド」上に構築することになる。最適な移動手段・ルートを組み合わせるMaaSでは、鉄道やバスなど交通機関を管理する複数の企業や自治体をまたいでデータを連携させる必要がある。そこで、各社の情報をネットワーク上のクラウドで集約させたデータベースにアクセスすることで、素早くかつ効率的にデータを利活用することができる。

     また、クラウド上で収集したビッグデータを、付加価値のあるデータに形成するための「データ分析」も不可欠だ。MaaSでは、道路状況や運行状況などのリアルタイムデータから、交通量や人の流れを解析し、交通需要を予測して、最適な移動手段・ルートを割り出すことが求められる。そこで、人工知能(AI)などを利用しデータ分析を行う(図)。

    残り790文字(全文1151文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事