経済・企業乗り遅れ厳禁!移動革命

分野別MaaSで勝つ企業 地図 情報豊富なゼンリンに優位性 パイオニア子会社にも注目=坂上翔

     MaaS時代には「地図」の重要性が一層高まる。地図ビジネスは二つの方向性に拡大しうる。

     一つ目は、MaaSアプリの「基盤機能」としての地図を、MaaS事業者など向けにサプライヤーとして提供する方向だ。例えば、ウーバーなど配車アプリ会社への地図データ提供がそうだ。日本では地形の複雑さや道路の狭さから「地図の品質」がMaaSの利便性に大きく影響する。高品質・高精度の地図データはMaaS事業者が欲しがる重要な商品だ。

     サプライヤー化の方向では、足を使って地道に住宅や道路に関する情報を集め、実際に地図を製作する能力を持つ「地図調整会社」と言われる企業に商機がある(図)。日本ではゼンリン、インクリメント・ピー、トヨタマップマスター、NTT空間情報などがある。

    残り846文字(全文1175文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事