経済・企業乗り遅れ厳禁!移動革命

海外事情 中国 「スマート交通」先進地・深セン BYDが売るシステムの威力=湯進

    深圳市を走るBYDのEVバス(筆者撮影)
    深圳市を走るBYDのEVバス(筆者撮影)

     中国広東省深セン市の中心部から東に40キロ離れた坪山(へいざん)区に、複数の工場、研究所、社員寮などを総延長5キロのモノレールでつないだ巨大な工業地区がある。中国自動車大手BYDが本社を構える、通称「BYD大道(たいどう)」と呼ばれる企業城下町だ。筆者は6月、同地区を視察した。

     電気自動車(EV)を含む新エネルギー車(NEV)で中国最大手のBYDは、電池事業やモノレール事業も手掛け、近年はMaaSの一分野である「スマート交通」、すなわちIT(情報技術)導入による交通の効率化ビジネスにも積極的だ。

     BYDがスマート交通事業の中核と位置づけるのが、路線バス向けの中・大型EV事業だ。中国国内だけでな…

    残り1102文字(全文1403文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月4日号

    AIチップで沸騰!半導体第1部 世界の開発最先端14 GAFAも開発に乗り出す AIチップの8兆円市場 ■津田 建二/編集部18 Q&Aで分かる AIチップ ■編集部/監修=本村 真人21 インタビュー ディジタルメディアプロフェッショナル(DMP) 山本達夫 社長「推論用AIチップのコア開 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット