経済・企業乗り遅れ厳禁!移動革命

既存ビジネスは消滅の危機 命運分ける自動運転車の開発=遠藤功治

    ホンダも今年3月、モネ・テクノロジーズに出資したが……(Bloomberg)
    ホンダも今年3月、モネ・テクノロジーズに出資したが……(Bloomberg)

    「MaaS」、すなわち「サービスとしてのモビリティー」の対極にある「ハードとしてのモビリティー」で生きてきたのが自動車業界だ。その市場規模がこの先、大幅に縮小するのではないかとの危機感が自動車業界に影を落としており、最近の株式市場における自動車関連株の比較的低位なバリュエーション(企業価値評価)の一因とされる。

     MaaSの世界では、さまざまな交通機関の運行が一括化される。その中で車は“所有”から“共有”するシ…

    残り1314文字(全文1520文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月17日号

    勝つ負ける地銀ランキング18 弱まり続ける「稼ぐ力」 “利益率かさ上げ”のツケ ■大堀 達也/吉脇 丈志19 最新 地銀全103行収益力ランキング23「粉飾倒産」でヤケド負う ■編集部24 東証改革 時価総額500億円未満が1部市場に31行 ■編集部27 “無風”の減益 「益出しのネタ」尽きる “苦 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット