国際・政治

石炭産業支援の「次の手」 温室ガス削減の新規則発表=川上直

    “庇護”の効果のほどは?(ノースカロライナ州の石炭火力発電所)(Bloomberg)
    “庇護”の効果のほどは?(ノースカロライナ州の石炭火力発電所)(Bloomberg)

     米環境保護庁(EPA)は6月19日、温室効果ガス排出削減の新規則「アフォーダブル・クリーン・エナジー・ルール(ACEルール)」を発表した。オバマ政権下の2015年8月にEPAが発表した旧規則「クリーン・パワー・プラン(CPP)」を廃止し、これに代わるものという位置づけだ。旧規則は気候変動対策に熱心だったオバマ大統領によるレガシー(遺産)の一つとされていたが、トランプ大統領は17年3月の大統領令によって見直しを命じた。以来、18年8月に新規則の草案を策定、この最終案発表に至るまで、2年超をかけて旧規則を壊したことになる。

     旧規則では、連邦政府が既存の発電所について温室効果ガスの排出基準を定め、それを踏まえて各州が排出計…

    残り974文字(全文1287文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月3日号

    絶望の日韓16 「次は自動車」焦る韓国 戦後最悪いつまで ■浜田 健太郎19 インタビュー 申ガク秀 元駐日韓国大使 “法の日本”と“正義の韓国”の妥協点 「韓国政府と日韓企業で徴用工補償を」20 徴用工問題の本質 植民地支配の “清算”に変化 ■浅羽 祐樹22 韓国社会の意識 摩擦招いた道徳的“正 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット