経済・企業乗り遅れ厳禁!移動革命

Q&Aで学ぶ MaaSの基礎知識=編集部/監修・阿部暢仁

    (出所)編集部作成
    (出所)編集部作成

     移動と交通の新しい概念を、分かりやすく解説する。

     A 一つのサービスで異なる交通手段の検索・予約・決済が可能な仕組みを指す。MaaSは「Mobility as a Service」の略で「サービスとしてのモビリティー」などと訳される。国際的に統一された定義はまだないが、欧州連合(EU)の官民合同のITS(高速道路交通システム)推進組織エルティコが2015年に設立した欧州MaaS協会は、MaaSを「さまざまな種類の交通手段を、“需要に応じて利用できる一つのサービス”に統合すること」と説明する。

     これまでは、一般的に「モビリティー」と言えば、自動車、鉄道など「ハード」としての乗り物を指した。これらの乗り物を使った交通サービスが「モビリティーサービス」だが、近年は1台のクルマを複数の人で短期間共有して使う「カーシェアリング」や、クルマを相乗りする「ライドシェア」など新しい移動サービスが登場した。

    残り1883文字(全文2284文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月14日号

    コロナが迫る 非接触ビジネス第1部16 「脱3密」に勝機あり リアル×ネットで株価急騰 ■白鳥達哉/種市房子19 インタビュー 鈴木康弘 日本オムニチャネル協会会長、デジタルシフトウェーブ社長 「ネット起点に、実店舗を運営」20  諸富徹 京都大学大学院 経済学研究科教授 「脱炭素社会への契機にも」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット