週刊エコノミスト Online書評

『戦後日本の地域金融 バンカーたちの挑戦』 評者・平山賢一

     AI(人工知能)化の波は、金融機関に大きな変革を迫っている。多くの上場銀行のROE(株主資本利益率)が低迷し、機関投資家は、経営者の適格性を問いつつ、議決権を行使するようになってきている。それだけ、大きなプレッシャーを感じざるを得なくなっているのが金融機関の現状だ。特に、地方金融機関については、従来型のビジネスモデルの転換がより強く求められ、経営者だけではなく従業員、さらに広く社会の注目を浴びるようになっている。

     本書は、地方金融機関について、その業務や機能の歴史について論ずるものではない。第二次大戦から高度経済成長にかけて、混乱から成長に至る時期の地方金融史を、人物にスポットライトを当てて、56のストーリーとしてまとめたものである。

    残り904文字(全文1226文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月14日号

    コロナが迫る 非接触ビジネス第1部16 「脱3密」に勝機あり リアル×ネットで株価急騰 ■白鳥達哉/種市房子19 インタビュー 鈴木康弘 日本オムニチャネル協会会長、デジタルシフトウェーブ社長 「ネット起点に、実店舗を運営」20  諸富徹 京都大学大学院 経済学研究科教授 「脱炭素社会への契機にも」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット