週刊エコノミスト Online書評

名著を別手法で再編集 魅力をつなぐ試みを読む=美村里江

    ×月×日

     20代前半に古本屋で箱入りの上巻を購入し、毎晩舐(な)め溶かすように少しずつ、大変面白く読んだ。いつか箱入り下巻を、と考えながら入手できていなかったが、漫画化されたというので読んでみた。『追読(ついどく) 人間臨終図巻1』(山田風太郎原作、サメマチオ著、徳間書店、1500円)。古今東西の著名人923人の亡くなり方が享年順に書かれた原本に対し、追読という付記通り、本書は少し趣が異なっている。

    「著名人の死を平等にドライに評していく山田風太郎」に対して、「著名人の亡くなる様子と山田氏の評、双方に感嘆する著者サメマチオ」という感じだ。著名人、山田風太郎、読者である著者の順位で尊重されているので、現代語訳がついている副読本として、注釈やツッコミにより気軽に読める仕様だ。原本も末長く残ってほしいが、次第に遠くなっていく時代性に対して、本の魅力をつなぐ一つの方法だと思う。

    残り960文字(全文1349文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事