経済・企業商社の稼ぎ方

配当増、自社株買い 本業の事業投資成果より株主還元期待で株価上昇=森本晃

(注)「発行済み株式」は、自己株式を除いた発行株式総数 (出所)SMBC日興証券作成
(注)「発行済み株式」は、自己株式を除いた発行株式総数 (出所)SMBC日興証券作成

詳しくはこちら

 総合商社各社が株主還元を強化している。今年5月、三菱商事が3000億円の自社株買いを発表した。伊藤忠商事は、2月に1000億円、6月に700億円の自社株買いを発表。足元で進める2社の自社株買いは発表時に、取得期間を1年間と設定した。

 一般的に、自社株買いで市中株式数が減少すると、株価は上がる場合が多い。しかし、取得期間が終わると株価は頭打ちになる。取得期間が短いと価格変動は急激で短期投機筋の標的にもなり、取得期間終了後に下落するおそれもある。取得期間を1年間としたのは、株価を緩やかに上昇させ、中長期の投資家に報いたいとの意向がうかがえる。

 2社以外でも丸紅は5月に、ネットDER(純有利子負債倍率=純有利子負債÷資本合計)0・8倍程度の達成後に、機動的な自社株買いを実施する可能性を示した。三井物産については今期中にも、鉄鉱石価格上昇による手元資金上振れを原資として自社株買いに踏み切ると、SMBC日興証券では予想している。住友商事は投資の進捗(しんちょく)が緩やかであることから、将来的には、余剰資金を自社株買いを含めた追加株主還元に振…

残り1671文字(全文2151文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事