経済・企業商社の稼ぎ方

配当増、自社株買い 本業の事業投資成果より株主還元期待で株価上昇=森本晃

    (注)「発行済み株式」は、自己株式を除いた発行株式総数 (出所)SMBC日興証券作成
    (注)「発行済み株式」は、自己株式を除いた発行株式総数 (出所)SMBC日興証券作成

    詳しくはこちら

     総合商社各社が株主還元を強化している。今年5月、三菱商事が3000億円の自社株買いを発表した。伊藤忠商事は、2月に1000億円、6月に700億円の自社株買いを発表。足元で進める2社の自社株買いは発表時に、取得期間を1年間と設定した。

     一般的に、自社株買いで市中株式数が減少すると、株価は上がる場合が多い。しかし、取得期間が終わると株価は頭打ちになる。取得期間が短いと価格変動は急激で短期投機筋の標的にもなり、取得期間終了後に下落するおそれもある。取得期間を1年間としたのは、株価を緩やかに上昇させ、中長期の投資家に報いたいとの意向がうかがえる。

     2社以外でも丸紅は5月に、ネットDER(純有利子負債倍率=純有利子負債÷資本合計)0・8倍程度の達…

    残り1821文字(全文2151文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月17日号

    勝つ負ける地銀ランキング18 弱まり続ける「稼ぐ力」 “利益率かさ上げ”のツケ ■大堀 達也/吉脇 丈志19 最新 地銀全103行収益力ランキング23「粉飾倒産」でヤケド負う ■編集部24 東証改革 時価総額500億円未満が1部市場に31行 ■編集部27 “無風”の減益 「益出しのネタ」尽きる “苦 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット