資源・エネルギー商社の稼ぎ方

財務を分析 新規投資2割増でも課題多いIT収益化=成田康浩

    (出所)野村証券作成
    (出所)野村証券作成

     大手商社の業績動向は堅調に推移している。2019年3月期の大手7社最終利益は2・26兆円と過去最高益を更新した。20年3月期も各社計画合計では前期比4%増の2・35兆円と最高益の更新が続く見通しだ。基礎営業キャッシュフロー(現金収支)=営業キャッシュフローから営業資産・負債の変動を除いた実質的なキャッシュ創出力=も19年3月期は3・15兆円と前期比3%増加するなど、小幅だがキャッシュベースの稼ぐ力も伸張している。

     部門別でみると、資源分野は各社とも、原油や原料炭(主に製鉄に使われる石炭)といった商品市況の上昇により、19年3月期は改善した。20年3月期も、今年1月に資源世界大手ヴァーレ(ブラジル)のダム決壊事故を機に同社の鉄鉱石供給量が減少したことで、鉄鉱石市況が大きく上昇している。原料炭市況も高水準での推移が続いていることもあり、引き続き高い水準の利益が続くと見ている。

    残り1524文字(全文1916文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月11・18日合併号

    2020年後半 日本・世界経済大展望第1部16 「沈没」する自動車大国 苦境・群馬が暗示する近未来 ■神崎 修一/柳沢 亮/加藤 結花19 「トヨタ超え」テスラ、三つの理由 ■中西 孝樹20 コロナワクチン開発 「実用化まで1年半」でも野心的 ■近内 健22 米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 ■ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット