週刊エコノミスト Online書評

『「他者」の起源』『純粋機械化経済』『移民とAIは日本を変えるか』『憲法学の病』

『「他者」の起源』 トニ・モリスン著 集英社新書 920円

 アフリカ系米国人として初のノーベル文学賞に輝いた女性作家が米ハーバード大学で行った、人種差別の実態と背景に関する連続講演の記録。奴隷制度時代からの米国の“白人至上主義”の歩みに触れ、黒人へのおぞましい虐待の事例を多数紹介。人間がいかに自分と異なる存在を「他者」として排除したがるのかを考察する。「生まれながらの人種差別主義者はいない。前例によってわたしたちは『他者化』を学ぶ」など、多くの鋭い指摘が強く印象に残る。(W)

残り710文字(全文950文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事