週刊エコノミスト Online伸びる、消える鉄道

大阪で新線開業の明暗くっきり 30年越しの「なにわ筋線」始動=伊原薫

     大阪で鉄道の新線開業ラッシュが止まらない。この10年間で続々と新線が開業し、今年3月にはJRおおさか東線の北半分が開業。今年7月には大阪市内を南北に貫く「なにわ筋線」も事業許可が下りた。2025年の大阪・関西万博やIR(統合型リゾート)の誘致をにらんで、さらなる新線構想もうごめく。ただ、すでに開業した新線では明暗も浮き彫りになっている。

     ここ10年で開業した路線のうち、最も成功を収めていると言っても過言ではないのが阪神なんば線だ。阪神尼崎駅と近鉄・阪神大阪難波駅を結ぶ路線で、阪神と近鉄が直通運転することで神戸方面と奈良方面が乗り換えなしで行き来できるようになった。また、神戸方面から「ミナミ」と呼ばれる大阪の繁華街・難波エリアへ行くにも乗り換えが不要になり、アクセスは格段に向上した。

    残り2234文字(全文2580文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事