週刊エコノミスト Online伸びる、消える鉄道

大改造の名古屋 名鉄が超巨大駅ビル開発計画 駅周辺再整備で“迷駅”返上=伊藤博康

     東京では2020年の五輪・パラリンピックに向けて施設やインフラの整備が進むが、名古屋では「2027年」に向けて大改造が進行している。同年に予定されるリニア中央新幹線の品川─名古屋間の開業に合わせた名古屋駅周辺の再開発だ。

     名古屋ではリニア中央新幹線が経済面で大きく寄与すると期待されており、JR名古屋駅だけでなく名鉄名古屋駅や駅周辺の整備が着々と進められている。

    残り1553文字(全文1735文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事