国際・政治絶望の日韓

韓国半導体の三重苦 大統領府にいら立つ業界=嚴在漢

    韓国の半導体産業は三重苦にあえぐ(Bloomberg)
    韓国の半導体産業は三重苦にあえぐ(Bloomberg)

     日本政府が8月2日、輸出手続きを簡略化するホワイト国(輸出優遇国)から韓国を除外することを閣議決定したが、韓国経済の大黒柱である半導体産業は、それ以前から「二重苦」にあえいでいた。

     すなわち、(1)2018年下半期からの供給過剰によるメモリー半導体価格暴落、(2)米中貿易戦争による中国向け需要減──である。

     そこに今年7月に日本政府が打ち出した半導体関連素材の輸出規制強化と今回のホワイト国除外によって、(3)半導体コア(中核)装置・材料の供給不安も加わり、今や三重苦の様相を呈している。

    残り2162文字(全文2408文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット