国際・政治絶望の日韓

半導体ウオッチャーが分析 輸出管理強化の影響は軽微 必要部材の調達は可能=大山聡

ソウル近郊の平沢(ピョンテク)にあるサムスンのメモリー工場(Bloomberg)
ソウル近郊の平沢(ピョンテク)にあるサムスンのメモリー工場(Bloomberg)

 日本政府が7月4日、半導体の製造に使用されるレジストなど3品目の韓国向け輸出について、輸出許可取得の手続きが簡素な「包括輸出許可制度」の対象から韓国を外し、個別の許可制とする措置を発動した。実際に現場で何が起こっているのか、どの程度の影響が想定されるのか。

 まず、レジストだが、今回の措置の対象となったのは、「極端紫外線(EUV)リソグラフィ」という超微細プロセスに使われる材料である。これを手掛けるメーカーにはJSR、東京応化工業、住友化学、富士フイルム、信越化学工業がある。

 日本製レジストを輸入するサムスン電子は、最先端ロジックIC(集積回路)製造に活用している。サムスンは自社製品の量産には至っていない。また、レジストはメモリー製造には使用されておらず、したがってメモリー専業メーカーのSKハイニックスはレジストを使用していない。

残り856文字(全文1226文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事