国際・政治アフリカで儲ける

アフリカが主戦場に? バイク便とライドシェアの過熱感

    「CourieMate」の伊藤代表(左)とスタッフ
    「CourieMate」の伊藤代表(左)とスタッフ

     ウガンダで16年5月にバイク便宅配業「CourieMate(クーリエメイト)」を創業した伊藤淳さん(37)に、アフリカで過熱する宅配・ライドシェアビジネスについて聞いた。

    (聞き手=市川明代・編集部)

     1962年の独立後、内戦や政治的混乱が長引き、経済発展から取り残されてきたウガンダ。この20年で人口が2倍に増加し、首都カンパラは夕方になると渋滞で街中が車で埋め尽くされる。バイク便は間違いなく、ニーズの高いビジネスだ。

     だが、インフラが整っている日本での起業とは訳が違う。ウガンダにはそもそも「住所」が存在しない。相手と電話でやりとりをしながら目印になるような場所を決め、現金代引きで商品を手渡す。現金を受け取れないまま不配となるケースも多い。

    残り776文字(全文1100文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット