週刊エコノミスト Online書評

移民とは?日本人とは? 「届く言葉」が今ここに=荻上チキ

    ×月×日

     最近はツイッターを開くのもしんどくなっている。あちこちがギスギスしている上に、傾聴に値するような専門知も乏しい。特に、排外主義的なトピックスが盛り上がっている時はなおさらだ。そうした時には、紙の本へと移る。電子書籍だと、ついつい他のタブを開いてしまい、世界とつながりすぎてしまう。

     最近、紙でじっくり味わった一冊は、ナディ著『ふるさとって呼んでもいいですか 6歳で「移民」になった私の物語』(大月書店、1600円)。幅広い世代に推薦したい図書であることはもちろん、同じようにネット空間に摩耗してしまった人にこそ手に取ってほしい本でもある。

     著者のナディさんは、6歳の時に日本にやってきた。イラン・イラク戦争後の困窮状況から逃れるため、両親…

    残り1044文字(全文1368文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月24日号

    勃発!通貨戦争18 消去法の“ドル・円2強” 米利下げでも高止まり ■岡田 英/吉脇 丈志21 インタビュー 篠原尚之 元財務官 「世界緩和競争の円高圧力 1ドル=90円も視界に」22 ドル売り・人民元買い 禁断の“為替介入”シナリオ ■武田 紀久子23 「為替操作国」認定の真意 新“関税カード”の [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット