週刊エコノミスト Online書評

「頼む」に着目して分析 新たな視座示す日本人論=今谷明

     ハッサクといえば、今では大型の夏みかんの一種を指すが、もとは八朔と書き、8月1日の行事を意味していた。この日に、従者は主人へ、主人は従者へ、贈答品を出す。旧暦8月1日は稲が実る時節なので、この贈答品を「田(た)の実(み)」と称し、それが頼み、頼まれるに通ずるので、縁起のよい贈答節句となったのである。

     室町時代の例でいうと、康暦2(1380)年の八朔で、儒学者の東坊城(ひがしぼうじょう)(菅原)秀長は、将軍足利義満に『孟子』の新写本を献じた。ところが義満は関心がなく放置していたところ、伝え聞いた禅僧の義堂周信(ぎどうしゅうしん)が義満を諫(いさ)め、「儒書中、まず『孟子』を読むべし」と勧めたので、ようやく義満は『孟子』の学習を始めたという(周信の日記『空華日工集(くうげにっくしゅう)』による実…

    残り608文字(全文959文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事