週刊エコノミスト Online書評

中国 前近代と超近代が共生する中国作品=辻康吾

     一国の近代化の度合いをどうやって測るのか。近代化の定義ともども、その度合いを測るのは簡単ではない。林立する高層ビル、世界の先端をゆく5G技術、と同時に独裁化が進む政治権力、無視される人権問題など、「中国は本当に近代化しているのか?」と尋ねたくなることが多い。

     だがその中で中国の真の近代化を感じさせる一つが、本欄でも一部を紹介したことがある劉慈欣(リウツーシン)などのすぐれたSF作品の登場である。

     最近になって劉慈欣の『三体』が日本でもベストセラーに上っているが、中国SF界の重鎮である麦家(マイジア)(1964年生まれ、杭州市出身)の新作『人生海海』(北京十月文芸出版社)が発表されたので手にとった。麦家の作品は処女作『解密』がすでに英国のペンギン・ブックスにおさめられて国際的にも知られ、国内でも多くの文学賞を受賞している。

    残り611文字(全文977文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事