週刊エコノミスト Online最新!信金ランキング2019

止まらない合併 経費すら賄えない貸出金利息=大嶋順子

    宮崎、岡山でも再編が加速

     今年に入り、1月に静岡県の浜松・磐田両信金が合併して浜松いわた信金となったほか、2月に三重県の桑名・三重が、6月は静岡県の掛川・島田、7月は静岡・焼津が合併し、来年2月には岡山県の備前・日生(ひなせ)信金が合併予定などと、信金の合併が相次いでいる(表)。今後もしばらく合併が続きそうだが、信金業界に何が起きているのか。

     バブル崩壊後の金融再編は、不動産融資などの不良債権が原因だったが、今、金融業界に蔓延(まんえん)しているのは“超低金利病”。2012年末発足の安倍政権が打ち出したアベノミクスで、景気刺激のため大規模な金融緩和が行われ、16年には日銀が未曽有の「マイナス金利」を断行した。金融機関の収益の柱である貸出金の利回りが、金融緩和に金融機関間の競合激化も相まって、ガクガクガクと下がり続け、信金では07年度の…

    残り2281文字(全文2653文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月31日号

    超円安サバイバル14 際立つ「円」の激安感 先進国で最下位クラス ■梅田 啓祐/斎藤 信世17 独自ルポ 円安見聞録 製造業「正直困る」 タイでは「円買いだめ」 ■梅田 啓祐/斎藤 信世20 円安めぐり「ズレ」 選挙へ円安止めたい政府 日銀は円安辞さず ■熊野 英生23 首相の言動におびえる「岸り人 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事