マーケット・金融THE MARKET

東京市場 ストラテジストが読む 見通し困難な鉄鋼株底入れ=藤戸則弘

    (出所)ブルームバーグより編集部作成
    (出所)ブルームバーグより編集部作成

     世界の鉄鋼株の調整が続いている。第一の要因は、中国が常識はずれの大増産を行っていることだ。2018年の粗鋼生産量を見ると、第1位の中国は9億2826万トンで、実に世界シェアの51・3%を占めている。その中国が、今年1~6月に4億9217万トンと過去最高を記録した。

     トランプ米大統領の保護主義によって中国経済は減速しているが、特に最大の鋼板ユーザーである中国自動車業界では、今年1~7月の新車販売台数が前年同期比11・4%減と落ち込んでいる。どうも成長底上げのために、リーマン・ショック後と同様な「需要なき大増産」に走っている疑いが強い。中国の熱延鋼板価格は、昨年8月の高値から今年8月安値まで約16%下落している。「過剰在庫→ダンピング」の様相が濃厚だ。そして、中国の鋼材価格下落は、アジ…

    残り520文字(全文866文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット