マーケット・金融THE MARKET

今週のポイント ブラジル金融政策委員会(9月17~18日) 為替次第で利下げ見送りも=神戸雄堂

    (注)インフレ目標は、2016年以前は4.5±2.0%、17年及び18年は4.5±1.5%、19年は4.25±1.5% (出所)IBGE(ブラジル地理統計院)、BCB(ブラジル中央銀行)
    (注)インフレ目標は、2016年以前は4.5±2.0%、17年及び18年は4.5±1.5%、19年は4.25±1.5% (出所)IBGE(ブラジル地理統計院)、BCB(ブラジル中央銀行)

     9月17~18日にブラジルでCOPOM(金融政策委員会)が開かれ、Selic(政策金利)が決定される。ブラジル中央銀行は、7月末の委員会で約1年半ぶりの利下げを行った。経済の停滞及びインフレ圧力の後退を踏まえ、中銀はさらなる利下げを示唆していたが、足元では急速にレアル安が進行しており、中銀の決断が注目される。

     ブラジルでは、2018年から米国の利上げ観測の高まり等によって急速にレアル安が進行する一方で、景気…

    残り599文字(全文805文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット