週刊エコノミスト Online消費増税直前三つのナゾ

増税後の買い控え行動は? 「生活者調査」で見えた傾向=松下東子

旅行費用の買い控え意識は、前回増税時より大幅減(神奈川県鎌倉市)(Bloomberg)
旅行費用の買い控え意識は、前回増税時より大幅減(神奈川県鎌倉市)(Bloomberg)

食料品は前回並み、外食は影響小

 消費税は1989年の導入やその後の増税のたびに消費者の購買心理に影響を及ぼしてきた。野村総合研究所では2013年12月より毎年末に「生活者年末ネット調査」と題して、景気に対する意識や購買行動・意識、消費トレンド、各年のホットイシューなどについて、全国3000人のネット調査モニターを対象に生活者データを収集してきた。そのため、前回消費増税(14年4月)前後と今回消費増税前の消費者心理について、違いを比較することができる。

 本稿では前回消費増税前の買い控え意識と、実際の増税後に取った買い控え行動の動向に着目し、今回増税においてどのような買い控え行動が起こるか、そしてそれにどう対処すべきかについて、考察してみたい。

残り2475文字(全文2799文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事