週刊エコノミスト Online書評

『地方財政健全化法とガバナンスの経済学 制度本格施行後10年での実証的評価』 評者・井堀利宏

     夕張市の財政破綻で旧再建法の不備が明確になり、2007年に地方財政健全化法が施行された。その後地方自治体の財政は総じて好転しているが、自治体の財政破綻懸念が完全に払拭(ふっしょく)されたともいえない。本書は本格施行後10年間の地方財政健全化法が個別自治体の財政健全化に寄与した論理・背景と残された課題について、自治体行動のインセンティブ(刺激策)という観点から経済学的に実証分析する。

     健全化法は四つの健全化判断比率(実質赤字比率、連結実質赤字比率、実質公債費比率、将来負担比率)を用いて自治体の財政運営が持続可能でなくなる兆候を事前に把握し、自治体が自発的に財政危機を未然に防ぐ仕組みである。本書は、これら四つの健全化判断基準が自治体の財政健全化行動を促すガバナンス(統治)効果を持った点で評価する。財政健全化法で個別自治体の健全化努力を早めに促すことは、意義深い。

    残り822文字(全文1207文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット