週刊エコノミスト Online書評

『もうすぐいなくなります 絶滅の生物学』『介護保険解体の危機』『生きるための図書館』『「自立できる体」をつくる』

『もうすぐいなくなります 絶滅の生物学』 池田清彦著 新潮社 1300円

 われらホモサピエンスは、同属のネアンデルタール人と交雑し、彼らの耐寒遺伝子を引き継ぎ氷河期を生きのびた。ネアンデルタール人は3万9000年前に絶滅したが、私たちのDNA配列の中でいまだ“生きて”いるのだ。一方、地上で圧倒的な個体数を誇る人類も、地球規模の大噴火や隕石(いんせき)の衝突など地質学的な時間スケールで見れば、完全絶滅へと誘(いざな)われるのは時間の問題だという。人類が実にあやういところにいることを実感させられる一冊だ。(C)

残り709文字(全文965文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事