経済・企業ノルマ廃止の現実

個人目標廃止の真意を問う 太田純 三井住友フィナンシャルグループ社長

     従業員の声を聞いていると、目標がないと張り合いがないとか、一生懸命に目標を達成するためにやっているのに、何となく気が抜ける、という人もいる。

     だが、個人目標に対する弊害、つまり個人に目標が与えられて、それに追い詰められていくと、お客さまのことを考えられなくなってしまう人がいないではない。大半の人はそうではないと思うが、そういう部分からお客さま本位の営業運営にもとるような販売が行われると、そちらの弊害のほうが大きいと判断して、個人の目標なくした。

     収益に対する影響があるかないかは、今後みていかないといけない。もしもあるとすると、それは逆に言うと、そこの部分はお客さまにとってよくない収益なので、それはなくなっても仕方がない。

    残り297文字(全文612文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット