経済・企業ノルマ廃止の現実

匿名座談会 「もう売るのは嫌」とネット銀に転職 「郵便局に入れてはいけない輩だった」

    ── 今までのノルマの実態とは、どんなものだったのか。

    郵便局員 営業ノルマは入局当時からあったが、2007年の民営化から厳しくなり、15年の上場がさらに拍車をかけた。以前は、ノルマを達成できなくてもペナルティーなどはなかったが、今は成績の悪い局員は研修を受けさせられる。この研修に呼び出されるだけでも苦痛だ。当然、局内では誰が呼ばれたか分かる。見せしめのように感じる局員もいた。研修を受けたからといって、すぐに成績がよくなるわけではない。逆に、営業時間が減って、成績を落とす悪循環に陥る局員もいる。

    大手銀行個人営業 期末や強化月間中は、みんなの前で訪問件数や契約獲得状況を報告する。業績の上がらない先輩は、上司から毎日大声で怒鳴られていて、次は自分の番かと恐怖感があった。店の雰囲気も悪くなる。

    残り2208文字(全文2555文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月9日号

    最強の米国株&経済16 ダウ3万8000ドルの声も 「買い参戦」する日本の個人 ■市川 明代/白鳥 達哉18 米国株 注目の30銘柄 宇宙旅行やアフリカ版「アマゾン」 ■岡元 兵八郎21 まだある注目銘柄 身近なアップル、ディズニー 国策のテスラやネクステラ ■佐藤 一樹25 ネット証券で買う 定額 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事