週刊エコノミスト Online話題の記事

NEWS サウジ石油施設攻撃 中東の地政学に新たなリスク 1バレル=70ドル台うかがう動きも=岩間剛一

     9月14日、国際原油市場に大きな衝撃が走った。無人機とされる攻撃によりサウジアラビアの国営石油企業サウジアラムコの石油施設が損傷、同国のアブドルアジズ・エネルギー相は原油生産量が日量570万バレル減少したと発表した。

     IEA(国際エネルギー機関)の統計によると、サウジの原油生産量は、2019年7月時点において、日量965万バレル。サウジの原油生産量の59%、世界全体の原油生産量の5・7%を失った計算だ。

     19年1月からの合計日量120万バレルの協調減産や、19年6月の日本タンカーへの攻撃によるホルムズ海峡封鎖懸念など、価格上昇の材料はあるものの、米中貿易戦争の激化に伴う世界経済低迷と石油消費停滞の影響が大きく、19年春以降、WTI原油価格は、1バレル=50ドル台半ばに低迷していた。

    残り860文字(全文1206文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット