経済・企業キャッシュレス大混乱

賢く選ぶポイント還元 中小は5%、大手スーパーはゼロ コンビニ大手が独自還元も=風呂内亜矢

 消費税引き上げを受けた経済対策として、政府は10月1日からキャッシュレス決済の「ポイント還元制度」(2020年6月まで、以下還元制度)を導入する。増税による景気の落ち込みを軽減するのが目的で、決済額の2%か5%分のポイントが還元される。実際に、還元制度によって、どのくらいの恩恵を受けることができるのか試算した。

 まず、増税による一般的な世帯の負担額を計算してみる。総務省統計局の家計調査・2人以上の世帯(平均世帯人数2・98人)の10月以降の予想平均支出額は29万1237円。現在の平均支出額(28万7315円)は税率8%で支払っている実績のため、消費税増税の影響を受ける費目について1・08で割り戻して税抜き価格を算出。改めて1・1をかけ消費税率が10%の支出額を算出する。

残り1381文字(全文1721文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事