週刊エコノミスト Online書評

『グローバル・バリューチェーン 新・南北問題へのまなざし』 評者・服部茂幸

     グローバリゼーションが進むということは、多くの企業が研究・開発、部品やサービスの調達、生産、販売、アフターケアといった活動を複数の国で行うようになるということでもある。こうした複数の国をまたぐ企業活動を「グローバル・バリューチェーン」と言う。このグローバル・バリューチェーンが世界経済と経済学(特に貿易理論)を変えている。

     例えば、米アップルのスマートフォンであるiPhoneの組み立て加工を行っているのは中国である。その中国に部品を供給しているのは、主として日本などの東アジア各国である。アメリカが中国からiPhoneを輸入すると、対中貿易赤字が増加する。けれども、iPhoneの販売による付加価値の3分の2を手にするのはアメリカであり、中国の取り分は1%程度にすぎない。最終財の貿易だけを考えていたこれまでの貿易論は古…

    残り838文字(全文1200文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット