国際・政治大揺れ!香港・台湾・韓国

大中華圏の“窓口” 北京をにらむ華僑ネットワーク 香港の「中国化」にブレーキ=寺島実郎

    2018年10月に開通した港珠大橋。香港、マカオ、中国・珠海を結ぶ世界最長の海上橋(Bloomberg)
    2018年10月に開通した港珠大橋。香港、マカオ、中国・珠海を結ぶ世界最長の海上橋(Bloomberg)

     2019年の夏、香港の反政府運動がなぜこれだけ持続しているのか。筆者自身の疑問や認識をもとに現地の人たちと議論してきた。問題を捉えるためのキーワードが「大中華圏」という視点だ。香港、台湾、シンガポールを含む華人華僑圏と中国本土との連携体である大中華圏の実態が、香港での騒動に如実に投影されていることに着目するべきだ。

     20世紀の終わりごろから中国がこれだけ持続的な成長を続けている理由は、大中華圏の資本と技術を取り入れて、それをジャンプ台にしてきたことだ。

    残り1853文字(全文2082文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事