国際・政治大揺れ!香港・台湾・韓国

迫る台湾総統選 潮目を変えた香港情勢の悪化 対中強硬の蔡英文氏に追い風=松本はる香

     2020年1月の台湾総統選挙に向け、民進党と国民党の一騎打ちの戦いの構図が固まった。総統再選を狙う現職の民進党の蔡英文氏に対するのは、国民党の韓国瑜氏(高雄市長)だ。鴻海(ホンハイ)精密工業の前会長の郭台銘(テリー・ゴウ)氏は、国民党内の予備選で敗北した後、今年9月12日に国民党を離党して、無所属で出馬する可能性をほのめかしていたものの、最終的には同月16日深夜、今回の総統選への出馬を見送ることを表明した。

     台湾で蔡英文政権が誕生して以来、中国の習近平政権とは絶縁状態にある。元来、独立志向の強い民進党出身…

    残り2041文字(全文2297文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月24日号

    日本経済総予測第1部14 富裕層にアベノミクスの恩恵 「消費の二極化」鮮明に ■浜田 健太郎/岡田 英17 2020年の主な国内イベント18 インタビュー リチャード・クー 野村総合研究所主席研究員、チーフエコノミスト 「中立な『財政委員会』設置し今こそ財政出動と構造改革を」20 外需 米予防緩和で [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット