週刊エコノミスト Onlineワイドインタビュー問答有用

ゲイをテーマに詠む=小佐野彈・歌人、作家/763

    「企業がLGBTフレンドリーをうたうなら、まずLGBTを役員登用してほしいと思います」
    「企業がLGBTフレンドリーをうたうなら、まずLGBTを役員登用してほしいと思います」

    ゲイとして生きる自身をありのままにつづった歌集『メタリック』(2018年刊行)で注目を集めた。優しく、力強い言葉は、同性愛者、異性愛者という垣根を越えてストレートに心に響く。主な短歌作品とともに、半生を追う。

    (聞き手=市川明代・編集部)

    「本名で、自分をさらけ出す覚悟のある歌は強い」

    「小説か短歌か、LかGかBかTかそんなカテゴライズはくだらない。もやっとしていていい」

    ── 2017年に短歌研究新人賞を受賞して以来、ゲイであることを公言する「オープンリーゲイ」として、文学作品を発表し続けています。根底にあるものはなんですか。

    小佐野 僕は歌人、作家としての実力で評価されたい。ゲイと公言することで、色物として見られたり、ゲイを売り物にしていると言われたりもします。例えば、短歌研究新人賞は2次選考で1位に入れた選考委員がいなかったにもかかわらず、最終の選考座談会で浮上したという経緯もあって、「ゲイだから受賞できたのか」と言われることもしょっちゅうです。

     でも、そういうリスクを背負ってでも、「僕はここにいるんだ」と言い続けたい。ゲイが日本社会で当たり前…

    残り4193文字(全文4670文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月24日号

    日本経済総予測第1部14 富裕層にアベノミクスの恩恵 「消費の二極化」鮮明に ■浜田 健太郎/岡田 英17 2020年の主な国内イベント18 インタビュー リチャード・クー 野村総合研究所主席研究員、チーフエコノミスト 「中立な『財政委員会』設置し今こそ財政出動と構造改革を」20 外需 米予防緩和で [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット