投資・運用年金の大誤解

老後資金作りはネット証券&米国株への長期投資が魅力=川北英隆

    (注)2008年9月末はリーマン・ブラザーズが経営破綻した直後である (出所)東洋経済新報社などのデータを基に筆者作成
    (注)2008年9月末はリーマン・ブラザーズが経営破綻した直後である (出所)東洋経済新報社などのデータを基に筆者作成

     老後の資金をためる方法は何か。答えはグローバルに経済を見渡した株式の長期投資である。では海外の株式に投資するには、どうするのか。ネット証券会社を活用できる。

     ネット証券会社では大抵の米国上場株を買える。かつ手数料も安い。調べたところ、株式の売買手数料は1取引当たり最大20ドル(約2100円)だ。大手証券会社のネット手数料(国内に加え海外手数料が必要)よりも安い。

     ネット証券のサイトでは、上場銘柄のプロフィール、株価とその過去の推移の把握も容易であるから、投資を決定する手助けとなる。とはいえグローバル投資ともなれば、具体的な企業の選択に迷うことも多い。この点、サイトには株価指数に連動するETF(上場投資信託)も豊富で、投資の神様・バフェット推奨の株価指数S&P500も簡単に買える。

    残り803文字(全文1148文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット