投資・運用年金の大誤解

投資額 余裕資金×「100-自分の年齢(%)」 非課税活用して外国株投資で増やす=木口愛友

    (出所)東証などのデータを基に西日本機械金属企業年金基金が加工
    (出所)東証などのデータを基に西日本機械金属企業年金基金が加工

     退職後の長い人生を楽しく過ごすには、公的年金だけでは不十分だ。そこで、老後資金を補填(ほてん)するための資産運用が重要となる。その前提として税優遇をしっかり活用することが見逃せない。その上で、10~20年間の構造変化の基盤となる成長企業に分散投資を心がけることが理想的だ。

     具体的には、投資する際に配当や売却益といった運用益が非課税となる制度利用を優先する。確定拠出年金(DC)や少額投資非課税制度(NISA)などである。税制優遇を使いながら、長期的な分散投資の実践を勧める。

    残り947文字(全文1186文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット