マーケット・金融THE MARKET

東京市場 ストラテジストが読む 5Gでコンテンツ関連銘柄に注目=藤戸則弘

    (出所)ブルームバーグより編集部作成
    (出所)ブルームバーグより編集部作成

     5G(第5世代移動通信)通信時代となれば、最も重要なのが良質なコンテンツの提供である。例えば、約2時間の映画が1・5秒前後でダウンロードが可能になり、いかに消費者の興味を引くかが勝負になる。

     一口にコンテンツと言っても、その範囲は広い。例えば、映画、テレビドラマは当然だが、ユーチューブなどの動画配信や、音楽、ゲーム、アニメキャラも加わる。しかも、新作品だけではなく、過去の名作ライブラリーも重要な資産と見なされる。米国では、ネットフリックスが優良な独自ドラマ制作を展開して業容拡大が続いたが、ここにアップル、アルファベット(グーグル)といったITの巨人や、ウォルト・ディズニーなどのメディア企業も加わって熾烈(しれつ)なバトルを展開している。

     こうした観点から日本企業を見ると、真っ先に注目されるのはソニーである。メインのエレクトロニクス部門では、CMOSイメージセンサー(画像用半導体)の好調が続いているが、映画、音楽、ゲームの多岐にわたるコンテンツ・ビジネスも大いに評価されている。株価も大手電機の中では突出した強さを見せているが、昨年は米大手IT企業による買収観測が流れたほどである。

    残り352文字(全文849文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月14日号

    コロナが迫る 非接触ビジネス第1部16 「脱3密」に勝機あり リアル×ネットで株価急騰 ■白鳥達哉/種市房子19 インタビュー 鈴木康弘 日本オムニチャネル協会会長、デジタルシフトウェーブ社長 「ネット起点に、実店舗を運営」20  諸富徹 京都大学大学院 経済学研究科教授 「脱炭素社会への契機にも」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット