マーケット・金融THE MARKET

ドル・円 弱まる円高要因=深谷幸司

     ドル・円相場が底堅さを増している。8月には米中通商対立で懸念が広がり、リスク回避が蔓延(まんえん)。米長期金利は急低下し円高が進んだ。しかし、9月に入ると流れが一転。10月に閣僚級協議実施の予定となった。市場には安心感が広がり、米長期金利の低下は一服し、円は軟調。ドル・円は一時1ドル=108円台前半をつけた。

     一方、円高見通しを支えていたもう一つの要因である欧米の利下げは9月に予想通り実施された。ただ欧州中央銀行(ECB)による金融緩和の限界も意識され、当局は財政政策の重要性を訴えた。米国も0・25%の利下げが実施されたが、あくまで予防的な緩和とのスタンスは変わらない。年内もう1回の利下げは予想されるが、それで打ち止めとなる可能性が大きい。当局の中で意見は割れており、経済指標や米中通商交渉の進展次第で…

    残り98文字(全文454文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月14日号

    コロナが迫る 非接触ビジネス第1部16 「脱3密」に勝機あり リアル×ネットで株価急騰 ■白鳥達哉/種市房子19 インタビュー 鈴木康弘 日本オムニチャネル協会会長、デジタルシフトウェーブ社長 「ネット起点に、実店舗を運営」20  諸富徹 京都大学大学院 経済学研究科教授 「脱炭素社会への契機にも」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット