マーケット・金融THE MARKET

今週のポイント 8月の第3次産業活動指数(10月15日) 小売業の持ち直しに注目=神戸雄堂

    (注)ともに季節調整済み指数 (出所)経済産業省
    (注)ともに季節調整済み指数 (出所)経済産業省

     10月15日に、経済産業省は8月の第3次産業活動指数を公表する。実質GDP(国内総生産)は3四半期連続でプラス成長となったが、世界経済の減速によって製造業が落ち込む中で、景気を支えているのは非製造業である。第3次産業活動指数は非製造業の活動状況を表す指標であり、その動向が注目される。

     第3次産業活動指数は、14年4月の消費増税の直後に大きく落ち込んだが、その後は堅調に推移し、19年4~6月期は比較可能な08年以降で最高の水準だった。また、経産省による7月の基調判断も「高い水準で横ばい」となっている。

     業種別では医療・福祉、生活娯楽関連サービスなどが堅調である一方で、主要業種の小売業は7月まで3カ月連続で低下した。しかし、低調の要因であった天候不順の影響が解消されたほか、10月の消費増税前の駆け込み需要で8月の小売業は持ち直すと予想される。既に公表されている8月の百貨店売上高は、衣料品を中心とした盛夏商材のほか、耐久消費財や高級品の売り上げが好調で、5カ月ぶりの前年比プラスとなった。小売業の持…

    残り227文字(全文680文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月14日号

    コロナが迫る 非接触ビジネス第1部16 「脱3密」に勝機あり リアル×ネットで株価急騰 ■白鳥達哉/種市房子19 インタビュー 鈴木康弘 日本オムニチャネル協会会長、デジタルシフトウェーブ社長 「ネット起点に、実店舗を運営」20  諸富徹 京都大学大学院 経済学研究科教授 「脱炭素社会への契機にも」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット