週刊エコノミスト Online

INTERVIEW ショーン・ローチ氏 「FRBは米国の日本化を回避したい」

    ショーン・ローチ氏 S&Pグローバル・レーティング・アジア太平洋チーフエコノミスト)
    ショーン・ローチ氏 S&Pグローバル・レーティング・アジア太平洋チーフエコノミスト)

     米中摩擦や中国の景気減速に伴い、米国では「予防的利下げ」が始まった。米金融政策や世界経済の見通しを米S&Pグローバルのショーン・ローチ氏に聞いた。

    (聞き手=浜田健太郎/桑子かつ代・編集部)

    ── 9月に米連邦準備制度理事会(FRB)が予防的な利下げを実施した。

    ■FRBの金融政策のアプローチに変化はないが、現在の立ち位置に変化があるとすれば主に外的な要因によるものだ。米景気は投資が国内に回帰し、消費も底堅く住宅市場も回復していて好調だが、グローバルの成長が鈍化して、国内の好調さを打ち消すリスクをFRBが感じているからだ。

    ── 2001年のITバブル崩壊や08年のリーマン・ショックでは、FRBは「崩壊するまで、バブルと認識するのは難しいので、崩壊した時に速やかな利下げなどで対応する」姿勢だった。

    残り883文字(全文1233文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月14日号

    コロナが迫る 非接触ビジネス第1部16 「脱3密」に勝機あり リアル×ネットで株価急騰 ■白鳥達哉/種市房子19 インタビュー 鈴木康弘 日本オムニチャネル協会会長、デジタルシフトウェーブ社長 「ネット起点に、実店舗を運営」20  諸富徹 京都大学大学院 経済学研究科教授 「脱炭素社会への契機にも」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット