週刊エコノミスト Online

ロシア 第2の都市に電子ビザ導入=一瀬友太

    市政府や事業者からは観光客増加に期待の声があがっている(筆者撮影)
    市政府や事業者からは観光客増加に期待の声があがっている(筆者撮影)

     海外からロシアへのアクセスが容易になっている。ロシア政府は2019年10月より、日本国籍者を含めた53カ国の外国人を対象に、ロシア第2の都市サンクトペテルブルクへの訪問に対して、電子ビザでの入国を条件付きで認める。これまで大使館などでの取得が必要だった入国ビザが、インターネットで無料取得できるようになり、ビジネスや観光での訪問のハードルは大幅に下がる。

     電子ビザ制度は地域ごとに導入が進んでおり、観光客誘致に一定の成果を上げている。17年8月に導入し普及が進む極東の沿海地方では、19年上半期の外国人観光客数が前年比で25%増加。日本でも気軽に行ける穴場として人気を博し、日本人旅行者数は2・3倍に増えた。今後、当局は電子ビザの導入をロシア全土で進める意向だ。プーチン大統領はロシアの経済発展に観光が重要という方針を示し、連邦観光局長官も21年までにす…

    残り141文字(全文519文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月14日号

    コロナが迫る 非接触ビジネス第1部16 「脱3密」に勝機あり リアル×ネットで株価急騰 ■白鳥達哉/種市房子19 インタビュー 鈴木康弘 日本オムニチャネル協会会長、デジタルシフトウェーブ社長 「ネット起点に、実店舗を運営」20  諸富徹 京都大学大学院 経済学研究科教授 「脱炭素社会への契機にも」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット