週刊エコノミスト Online

イギリス 高架線下の土地を米企業に売却=竹鼻智

    賃料値上げに非難の声、どう対処するか(Bloomberg)
    賃料値上げに非難の声、どう対処するか(Bloomberg)

     鉄道路線の運営を行う国営企業、ネットワーク・レイルが、所有する全国の高架線下の商用・居住スペースを米国に本拠地を置くプライベート・エクイティ(株資本)運用会社、ブラックストーンに15億ポンド(約2015億円)で売却し波紋を呼んでいる。

     売却されたスペースの賃料は大幅に値上げ。例えば、ロンドン郊外にある保育所の賃料は49%もつり上げられ、月謝が200ポンドも値上げとなった。

     同社は、中低所得者層を対象とした比較的安価な賃料をターゲットとした投資戦略で知られていたが、国連の住居と人権に関する調査官のレイラニ・ファルハ氏は、今回の手法を批判した手紙を同社に送付。そんな中、同社のスティーブン・シュワルツマンCEOは、オックスフォード大学に人道と倫理に関する研究のため、1億5000万ポンドの寄付金を贈呈。同大学は、ルネサンス期以来最大規模の寄付として歓迎したが、こうしたシュ…

    残り122文字(全文510文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット