国際・政治

独政府のCO2削減法案に批判 「排出権価格低すぎ」=熊谷徹

    メルケル首相は「トゥーンベリさんの指摘を尊重した」と言うが・・・・・・(9月23日、国連気候行動サミットでスピーチするトゥーンベリさん)(Bloomberg)
    メルケル首相は「トゥーンベリさんの指摘を尊重した」と言うが・・・・・・(9月23日、国連気候行動サミットでスピーチするトゥーンベリさん)(Bloomberg)

     地球温暖化問題への関心が強まる中、ドイツのメルケル政権は9月20日、2030年までにCO2など温室効果ガスの排出量を1990年比で55%減らすことを目指す法案の骨子を発表したが、学界などからは「大胆さを欠く内容で削減目標を達成できない」という批判が強い。

     9月21日付のドイツ日刊紙『フランクフルター・アルゲマイネ(FAZ)』によると、メルケル政権は、自動車などの燃料や暖房用灯油についてCO2の排出権取引制度を導入するとともに、暖房効率を改善するための費用を課税対象額から控除可能にする。また、市民の負担を軽減するために、電力料金の再生可能エネルギー賦課金を減らし、通勤にかかる燃料代の控除額を拡大する。電車の切符の付加価値税を19%から7%に減らし、国内線の飛行機の運賃を引き上げて列車の利用を促進する。

     FAZは「同政権はこれらの措置に540億ユーロ(約6兆4800億円)を投じることを明らかにした」と…

    残り974文字(全文1379文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月17日号

    勝つ負ける地銀ランキング18 弱まり続ける「稼ぐ力」 “利益率かさ上げ”のツケ ■大堀 達也/吉脇 丈志19 最新 地銀全103行収益力ランキング23「粉飾倒産」でヤケド負う ■編集部24 東証改革 時価総額500億円未満が1部市場に31行 ■編集部27 “無風”の減益 「益出しのネタ」尽きる “苦 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット