週刊エコノミスト Online海外企業を買う

タタ・コンサルタンシー・サービシズ インド最大手のITサービス=児玉万里子/260

     タタ・コンサルタンシー・サービシズ(TCS)は、インド初のソフトウエア企業であり、今日でもITサービス会社として国内最大手である。インド最大の企業グループであるタタ・グループの持ち株会社であるタタ・サンズ社の一部門として1968年にスタートし、2004年にインド国内の証券取引所に株式を上場した。19年3月末現在も同社株式の72%をタタ・サンズ社が保有している。タタ・グループの有力企業の一つで、同社の株式時価総額はタタ・グループの全上場企業の約7割を占めている。

     90年代以降のインドの躍進を支えた産業がコンピューター・ソフトウエア開発などのITサービスである。その発展プロセスは、そのままTCSのたどった道である。当初は、インド国内にハードウエアが十分整備されていなかったため、顧客である海外企業に技術者を派遣して、現地で作業をするサービスが中心だった。「インド人プログラマーの米国派遣」が典型的な形だった。サービスは、プログラミング、テストやメンテナンスなど…

    残り2420文字(全文2853文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月6日号

    半導体 コロナ特需16 成長分野 (1)医療・非接触 新たな社会課題がビジネスチャンスに ■津田 建二19      (2)5G&サーバー 世界データ量3倍化で市場拡大 ■編集部20      (3)パワー半導体 日本は新素材で先行 ■編集部22      (4)製造装置 中国勢駆け込みで2桁成長へ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット