週刊エコノミスト Onlineワイドインタビュー問答有用

未知なる傑作の案内人=矢田部吉彦 東京国際映画祭プログラミング・ディレクター/765

    「アート系の映画を見るのがしんどくなったら、シネコンでハリウッド大作を見ます。映画の疲れは映画で癒します」(撮影=中村琢磨)
    「アート系の映画を見るのがしんどくなったら、シネコンでハリウッド大作を見ます。映画の疲れは映画で癒します」(撮影=中村琢磨)

     誰でも楽しめる娯楽作から、深い問いを突きつける作品まで、幅広いラインアップが特徴の東京国際映画祭。その作品選定は、矢田部吉彦さんの腕にすべてかかっている。今年は果たして、どんなラインアップが待っているのか──。

    (聞き手=北條一浩・編集部)

    「どんな人でも必ず見たいラインアップに」

    「観客と製作者の懸け橋に。『生きていてよかった』と心から思える瞬間です」

    ── 10月28日から東京国際映画祭が始まります。

    矢田部 今年で第32回を迎えました。オープニングとして第1作公開から50年で、シリーズ50作目にあたる「男はつらいよ お帰り 寅さん」を上映します。世界の映画の秋の新作を集めてグランプリを競う「コンペティション部門」をメインとして、「アジアの未来」「日本映画スプラッシュ」など多くの部門でおよそ200作品を集めています。

    残り4546文字(全文4907文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月17日号

    勝つ負ける地銀ランキング18 弱まり続ける「稼ぐ力」 “利益率かさ上げ”のツケ ■大堀 達也/吉脇 丈志19 最新 地銀全103行収益力ランキング23「粉飾倒産」でヤケド負う ■編集部24 東証改革 時価総額500億円未満が1部市場に31行 ■編集部27 “無風”の減益 「益出しのネタ」尽きる “苦 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット