週刊エコノミスト OnlineFOCUS2019

NEWS ノーベル賞 旭化成・吉野氏に化学賞 リチウムイオン電池の熱意にあふれた開発者=佐藤登

     リチウムイオン電池の開発者の一人、旭化成の吉野彰名誉フェローのノーベル化学賞受賞が10月9日決まった。1980年、共同受賞者で米テキサス大のジョン・グッドイナフ教授(当時は英オックスフォード大)が、コバルト酸リチウムがリチウムイオン電池の正極の材料になることを発見。これに適合する負極材料を研究した吉野氏が、炭素材料に活路を見いだし、85年にリチウムイオン電池の原型となる基本構造を確立。翌86年11月8日に特許を出願した。

     リチウムイオン電池は、プラスイオンであるリチウムが正極と負極の間を行き来することで充放電する。電極の劣化が小さく、充放電の繰り返しに耐えられる。また、エネルギー密度が高いため小型化・軽量化が可能になり、スマートフォンやパソコン、電気自動車(EV)のバッテリーなどとして、現在の暮らしには欠かせない製品となっている。

    残り947文字(全文1318文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月2日号

    地震、台風、土石流 あなたの町の危険度16 水害発生地でなくても区内は5%地価下落 ■中園 敦二/和田 肇18 「災害リスク税」の創設を ■釜井 俊孝19 首都圏人気路線安全度 利便性や土地ブランド優先 必ずしもリスクを反映せず ■横山 芳春20 東急東横線 反町、妙蓮寺、白楽に着目21 東急田園都 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事