資源・エネルギー深層真相

大手電力配電網の開放 キーマンの3官僚

     再生可能エネルギーなどの、散在する電源で発電した電力を特定地域内で消費する「分散型電源システム」について、大手電力会社系統網の末端である配電網が大幅に開放される見通しとなった。系統網運用は大手電力会社に残された唯一の地域独占サービスだ。その部分的な開放は、日本の電力業界の大転換につながる可能性があるが、経済産業省は2020年度新規予算に、配電網を使って分散電源システムを構築…

    残り285文字(全文474文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事